目黒モナーク動物病院

都立大学駅、学芸大学駅でのペットの診療は目黒モナーク動物病院へ

診療のご案内
HOME > 診療のご案内 > 歯の病気

歯の病気

  • 歯の病気

    歯の病気

    歯科疾患はペットに最もよくみられる病気のひとつです。3歳以上の犬・猫では80%以上の割合で歯周疾患がみられます。現在、高齢化が進み、歯周疾患をもつ患者さんは増え続けていくと思われます。
    慢性歯周疾患は心臓・肺・肝臓・腎臓などに慢性的な病変を引き起こすといわれています。歯周病を放置しておくと病気が進行し、食事のときに歯肉が傷つき出血するようになります。歯垢には細菌がいて増殖していきます。この細菌が傷口から血液に入り全身に運ばれていき、全身に影響を及ぼします。

    当院では、飼い主の皆様と一緒にデンタルケアのお手伝いをします。
    動物は自分でデンタルケアができないので、ケアをするのは飼い主さんの役目でもあります。毎日の歯磨きを小さい時から習慣付けましょう。歯垢や歯周病のある動物達のケアや治療など違いますので、飼い主の皆様と相談しながらおこなっていきます。

こんな症状はありませんか?

  • 口臭がするようになった
  • 食事を噛まずに飲み込んだりする
  • 元気がない
  • 食欲がなくなった
  • ヨダレが多くなった
  • 歯茎が赤くなって炎症を起こしている
犬の歯は本来白色です。2歳を過ぎた頃から歯垢や歯石が溜まるようになり茶色くなってきます。犬の体質や食事などで異なりますが歯垢に住む細菌は歯肉に炎症を起こし、口臭がするようになります。
歯に黄緑色、灰緑色をしたものがこびりついていると歯石です。そのままにしておくと歯石が広がり褐色になってきます。やがて歯肉炎、歯槽膿漏になっていきます。
歯周病(犬) 唾液の少ない犬では歯垢の形成速度が速く、また軟らかい食べ物を与えられている犬はドライフードを与えられているものより歯垢の蓄積は速いといわれています。
歯根膜や歯槽骨が破壊されると、細菌(歯周病菌)が、血管から血流に乗って、心臓や腎臓、肝臓、肺などにたどりつき、歯周病菌が心臓病や腎臓病の 引き金になってしまいます。歯周病にならないようにデンタルケアをしてください。
乳歯遺残 上顎の犬歯の永久歯は乳歯の前方に萌出し、下顎の犬歯の永久歯は乳歯の舌側に生えてきます。歯と歯が密着していますので歯肉炎や歯周疾患の原因になります。
下顎の犬歯がずっと残ったままになっていると、舌側に生えてきた永久歯が、やがて上顎に突き刺さる状態にまでなることもあります。14~24週令の間、歯のチェックをこまめに行い、もしこのような状態が見られましたら早急に乳歯を抜歯し永久歯を正常な位置に矯正する必要があります。
歯周病(猫) 一般に猫の80~95%は何らかの状態の歯周病になっているといわれています。また、歯頸部吸収病巣・・・(何らかの原因で破歯細胞の働きが活発化され、歯頸部を中心に歯質が吸収されていくこと)とよばれる歯の病気があり、かなり多くの猫がこの状態になっているようです。
猫では口腔内の衛生状態を悪くするウイルスの関与(FeLv、カリシウイルス、FIV)や宿主の抵抗力、免疫力などが複雑にからみあって進行していきます。
歯周病の原因 おもな原因は歯の表面にべっとりと付着した歯垢(プラーク)です。歯垢は、食べ物のかすと細菌のかたまりで、炎症をひきおこす原因と考えられています。歯垢を放置しておくと唾液中のカルシウムが沈着して硬い歯石となって歯ブラシでは除去できなくなるのです。歯石の表面はザラザラしておりさらに歯垢がつきやすくなります。唾液の性質と量は、歯垢の形成に大きく影響します。
歯肉炎 歯肉が赤く腫れてきます。よだれが多くなり、口臭も強くなります。症状が悪化すると、歯がぐらぐらしてきてやがて抜けてしまいます。
歯周炎(歯槽膿漏) 歯肉から膿が出るために口臭が強くなって出血してしまうこともあります。もっと進行して悪化すると歯根部が露出してしまって歯がぐらぐらします。
口唇炎 犬だけにみられる唇の炎症です。唇から不快なにおいがして自分の顔をかくすようにして唇をひっかきます。患部が脱毛することもあります。
歯根膿瘍 口臭がきつい、異常なよだれ、食欲がない、熱があるなどの症状がでます。また、顔がふくれたようになったり硬いものを噛まないなどの症状もみられます。
口内炎 きつい口臭がありよだれが出ます。時として出血も見られます。口の中の粘膜に白色や赤色の斑点ができて、ただれることがあります。その部分を痛がり食欲もなくなります。頻繁に口のまわりをひっかくようなしぐさをします。
根尖性歯周炎 歯周病によって歯のまわりから、または歯が欠けて歯髄から細菌が侵入して歯の根っこ(根尖部)に炎症がおこり、歯槽骨、顎骨が破壊、吸収され、歯肉や皮膚に穴が開いて膿を排出するようになります。(根尖膿瘍)この状態を根尖性歯周炎とよびます。
小型犬や中型犬で多く見られ、上顎の第四前臼歯病巣から波及し、目の下が突然腫れた後、その部分の皮膚が破れて穴が開き出血と排膿が見られるようになります。また、上顎の犬歯が犯された場合鼻汁が出て止まらなくなり、下顎の臼歯や犬歯がおかされると下顎の下に穴が開き排膿されるようになります。
歯頸部吸収病巣 頸部を中心に歯質が吸収されていくことが明らかにされていますが、なぜこのようなことがおこるのか詳しい原因はわかっていません。
ほとんどの病巣は歯頸部から始まり、進行すると歯冠や歯根、歯髄がおかされ、ひどくなると歯冠が脱落してしまう。かなりの痛みを伴うことが多く、患歯を指でたたいたりすると極端に嫌がったり、また、硬いものが食べられなくなったりします。

当院について

診療内容
よくあるご質問
  • 目黒モナーク動物病院

    目黒モナーク動物病院

    診療時間
    午前 10:00~12:30
    午後 16:00~19:30
    受付時間
    10:00~19:00
    休診日
    水曜日

    電話 03-5731-3322

PAGE TOP