目黒モナーク動物病院

都立大学駅、学芸大学駅でのペットの診療は目黒モナーク動物病院へ

診療のご案内
HOME > 診療のご案内 > 健康診断/避妊・去勢手術

健康診断・避妊・去勢手術

  • 健康診断

    健康診断

    人と同様に動物においても加齢とともにがんや心臓病、腎臓・肝臓などの病気が増えてきます。「痛い」や「だるい」など自覚症状を言ってくれない動物では手遅れになるケースが多くみられます。
    人に例えると、1年で15歳、2年で24歳、それ以降は1年に4歳、年齢を重ねていきます。当院では、飼い主さんとともに動物達の年齢や今後のありえる病気などを考えながら提案しています。
    病気が進行してから治すのではなく、早期に発見して早期に治療を始めることは動物においても重要です。そこで病気の早期発見のための健康診断を受けてみてはいかがでしょうか。

A:基本プログラム 血液検査 尿検査 糞便検査 レントゲン検査 腹部超音波検査
B:心臓病 基本プログラム+心臓超音波検査 心電図検査
C:内視鏡 基本プログラム+胃・十二指腸内視鏡 大腸内視鏡
D:フィラリア健診 血液検査+フィラリア抗原検査
A. 基本的な健康診断のコースです
B. すでに心臓病がある、もしくは心臓病にかかりやすい犬種にお薦めします
C. 胃腸の内視鏡検査が加わったコースです  ※内視鏡は全身麻酔が必要となります
D. 当院では、約8割の飼い主さんがフィラリア検査とあわせて全身の血液検査を行っています。
  生活習慣や食生活改善の有効な情報のひとつになります。

避妊・去勢手術

  • 手術の必要性

    避妊手術は子宮の病気、乳がん、不必要な出産の防止、去勢手術はマーキングや夜鳴きなどの好ましくない行動や前立腺疾患を予防するのに役立ちます。猫は外での喧嘩による咬み傷による感染防止にもなります。また、ホルモンによってバランスが崩れ、いろいろな問題やストレスが起こりやすくなります。
    いろいろな問題を予防というかたちで、防ぐことができますので病気になる前にお考えください。
    不安なことなどお気軽にご相談ください。

乳腺腫瘍、子宮蓄膿症、膣脱、偽妊娠、問題行動
精巣腫瘍、前立腺肥大、肛門腺周囲腺腫、問題行動
  • 手術の内容と流れについて

    全身麻酔による手術を行います。手術方法はメスでは開腹手術で、子宮と卵巣をすべて摘出します。
    オスの場合は精巣のみの摘出となります。

  • 手術時期

    安全な麻酔管理のために、人間用の医療機器と同程度の吸入麻酔機を使用しており、これはコンピュータ制御の人工呼吸器を搭載しています。また、心電図モニター、カプノメーター(吐く息の中の麻酔濃度などを測定するモニター)などを設置して、手術中常に脈拍数や呼吸数、血圧、血液中の酸素や二酸化酸素濃度を監視しています。手術中や術後の手術による痛みをなるべく感じないように鎮痛剤を使用し、痛みをコントロールします。

  • 術前検査

    一般身体検査、血液検査を行います。
    検査結果に異常がありましたらご連絡致します。

  • 麻酔管理

    安全な麻酔管理のために、人間用の医療機器と同程度の吸入麻酔機を使用しており、これはコンピュータ制御の人工呼吸器を搭載しています。また、心電図モニター、カプノメーター(吐く息の中の麻酔濃度などを測定するモニター)などを設置して、手術中常に脈拍数や呼吸数、血圧、血液中の酸素や二酸化酸素濃度を監視しています。

  • 退院後の注意

    退院:異常がなければ手術翌日に退院できます。
    退院当日の食餌は普段の2分の1程度にしてください。帰宅後はゆっくり休ませてください。何か変わったことがありましたらすぐにご連絡ください。
    抜糸は異常がなければ7~10日後に行います。抜糸までは猫は外に出さないように、犬は軽い散歩程度にしてください。

  • 学会や論文などで、体内に残した縫合糸が引き起こす「縫合糸反応性肉芽腫」という病気が報告されています。
    この病気を避けるために当院では英国GYRUS Medical社製PKsystemを導入し、去勢・避妊手術は無結紮法による手術を基本としています。
    無結紮手術とは、卵巣、子宮や精巣の切除時に縫合糸などを用いず腹腔内に一切体内で反応する異物を残さない方法です。特殊なシーリング電気メスで縫合糸の代わりに止血します。これにより「縫合糸反応性肉芽腫」の心配はなくなります。

当院について

診療内容
よくあるご質問
  • 目黒モナーク動物病院

    目黒モナーク動物病院

    診療時間
    午前 10:00~12:30
    午後 16:00~19:00
    受付時間
    10:00~18:30
    休診日
    水曜日

    電話 03-5731-3322

PAGE TOP