あれ、急に歩けない?!椎間板ヘルニアとは?

 

こんにちは、

目黒モナーク動物病院、院長の佐藤です。

 

突然ですが、
ご自宅のワンちゃんについて、こんなご経験はないでしょうか?

・急に後ろ足に力が入らなくなった、
・ふらついてうまく歩けない、
・抱きあげようとする時、キャンと鳴く、
・腰を曲げて震えて動かない、
・段差のあるところの上り下りを躊躇する、
・背中を触ると嫌がる、などの症状がみられたら…

もし心当たりがあるようでしたら、

「椎間板ヘルニア」の可能性があります。

 

椎間板ヘルニアになる原因は?

椎間板ヘルニアになる原因としては、加齢と先天性によるものが考えられます。

飛んだり、跳ねたりといった習慣の多いトイ・プードルや
胴長で足が短いダックスフンドやウエルシュ・コーギー、
先天性の骨の奇形があるフレンチブルドッグ(短頭種)など比較的発症が多い傾向にあります。

※ただ、多い傾向がある犬種だけではなく、全ての犬種について発症の可能性はあります。

 

日常生活の中での観察を!

後ろ足をするような歩き方や、ソファに飛び乗らなくなった、散歩には行くがいつもより、
歩かなくなってきた、嫌がるようになった、など日常生活の中でみられることが多い症状です。

治療は症状の進行度合いで異なります。

椎間板ヘルニアの症状の度合い(グレード)によりますが、
基本的には、安静にして投薬 プラス 医療用レーザーを用いた治療法となり、


症状が進んでしまった場合は外科手術が必要なケースもあります。

腰に負担となる行動に注意!

予防法は「これ!」といったものはありませんが、
日常生活の中で、階段やソファの上り下り、二本足でのジャンプなど、
全くするなというのは無理ですが、控えめにしていただきたいです。

抱きあげようとする時は、脇に手をいれて上半身を持ち上げるのは腰に負担がかかるので、
地面に対して水平にして体全体を支えてから抱き上げましょう。

食器の高さの工夫も必要です。また、体重管理も注意が必要です。

注意をしていても、突然、発症してしまうこともありますので、
日頃から変化に注意をして、症状がみられたら早めに病院につれていきましょう。

 

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷5-29-8 アクセス

03-5731-3322

  • 診療対象動物:犬、猫、うさぎ、ハムスター
  • 診療科目:⼼臓循環器、腎・泌尿器、腫瘍、内分泌、⽪膚、耳、歯、消化器、神経、眼、各種疾患
4/1~9/30
診療時間
10:00-13:00 ×
16:00-19:30 ×

【受付時間】午前 10:00~12:30 午後 16:00~19:00
受付時間は診療終了時間の30分前までとなります。
診療終了時間の30分前にご来院ください。
【休診日】水曜日(土・日・祝日は平常通り受付しております。)

10/1~3/31
診療時間
10:00-13:00 ×
16:00-19:00 ×

【受付時間】午前 10:00~12:30 午後 16:00~18:30
受付時間は診療終了時間の30分前までとなります。
診療終了時間の30分前にご来院ください。
【休診日】水曜日(土・日・祝日は平常通り受付しております。)

各種保険

当院の駐車場のご案内
当院の駐車場は2台ございます。
※近隣の方のご迷惑となりますので、環七通り沿いの路上駐車はご遠慮ください。
※当院駐車場または近隣のコインパーキングのご利用をお願いいたします。

ご利用にあたって
駐車場をご利用中の事故、盗難等については責任を負いかねます。
ペットの排泄物は飼い主の方が処理ください。
病院前でペットをおろしたい方はスタッフまでお申し付けください、お車まで受け取りに伺います。
※近隣の方のご迷惑となりますので、環七通り沿いの路上駐車はご遠慮ください。
※当院駐車場または近隣のコインパーキングのご利用をお願いいたします。