心臓・呼吸器疾患

心臓疾患について

当院では、心臓病に苦しむ犬猫たちに内科治療、または外科治療の提案や相談を受けております。また、定期的な心臓検診を受けることで、早期発見ができ今後の心臓のコントロールによる早期治療をすることにつながります。最近の行動や症状に不安がありましたらご相談ください。

定期的な心臓検診を行い早期治療へ

心臓疾患は知らぬ間に進行し重症化することも少なくありません。心不全(心筋が損傷し心臓が動かなくなる)は前兆のないまま発症することもあります。
心臓病は飼い主さまの気づきが早期発見につながります。生活の中で今までより運動を嫌がったり、疲れやすい状態や遊んだ後にいつもより呼吸が荒く、開口呼吸をしたり、後ろ足の麻痺やけいれんなど、日頃からの観察をしてください。なるべく、若い年齢から定期検診の中で心臓チェックをして早期発見・早期治療ができるようにこころがけてください。

検査についてはこちら

犬の心臓病

先天性心疾患=(生まれつきの心臓や血管の異常)は動脈管開存症・肺動脈狭窄症・大動脈狭窄症・心房または心室中隔欠損症などがあり、その疾患の程度により症状が異なります。後天性心疾患=(生後何かの原因で発症する心臓病)は僧帽弁閉鎖不全症(弁膜症)・肺高血圧症・拡張型心筋症などがあり、特に僧帽弁閉鎖不全症は中高齢になると多くみられます。

猫の心臓病

猫の代表的な心疾患. 肥大型心筋症 は遺伝子が要因のひとつだと考えられています。タウリン欠乏などが原因の拡張型心筋症や原因不明の拘束型心筋症ウリなども猫では注意が必要となります。

心臓疾患の検査Inspection

身体検査

触診による心拍数・呼吸数や聴診による心音・肺音・体重測定・体温など

心臓超音波検査

心臓のサイズの大きさを評価するためにエコー検査をします。

一般的には心臓が大きくなったときは心臓が弱くなっていることが多く、大きさを評価することは大変、重要です。心臓が弱ってくると、心臓の形や心房の大きさ、血流の流れなどの異常がみられます。また、心臓の壁の厚さを調べることで、心肥大があるかどうかもわかります。心臓全体の機能の良しあしも数字で客観的に評価することで薬の必要性や投薬量を判断します。

レントゲン検査

胸部のレントゲン写真を撮影する事により、心臓の陰影(大きさ・形)、肺や気管、胸水の有無などを評価できます。心不全の際によく認められる肺水腫の診断はこの検査を用いて行います。

心電図

心臓の筋肉の電気的な変化の波を心電計と いう機器を使って記録したものが心電図です。脈の乱れによる不整脈などの診断に役立ちます。心電図の波のリズムが不規則になります。

血圧測定

血圧の高い低いによって様々な病気になる(なっている)可能性を知ることができます。心臓病は内服によるコントロールが必要不可欠です。血圧に作用する内服を処方する事も多いため、血圧測定による情報は大切です。

血液一般検査

血液検査は、全身状態の把握や心臓薬による副作用が生じていないかなどを評価するために行います。

心臓バイオマーカー検査

血液検査で心筋バイオマーカーのNT-proBNPを調べ、心臓の状態を検査します。

心臓は血液の流れを維持するためのポンプの役目となっている臓器の一つです。
心臓がポンプの役割を果たさなくなると、全身に血液が送られなくなり、様々な症状がみられるようになり、心臓病が進行すると咳、疲れやすくなる、浮腫、腹水、しっしんや呼吸困難による突然死などの症状を示すようになります。
定期的な心臓検診を受ける事で、早期発見ができ今後の心臓のコントロールによる早期治療をすることにつながります。最近の行動や症状に不安がありましたらご相談ください。

こんな症状がある場合はご相談ください

  • 呼吸がはやい
  • 咳をする(湿性の咳)
  • 疲れやすくなった
  • 息が荒い
  • 口呼吸をする

心臓病は中高齢から徐々に発生が増えますので、「咳」、「運動するとすぐに疲れる」などの症状が見られるのであれば、一度検査をお勧めします。

呼吸器疾患とは

肺や気管・鼻腔・喉咽頭などの呼吸器疾患を診療しています。咳や呼吸困難など様々な症状が出ます。呼吸器症状の中には、心臓病などの疾患や腫瘍の影響など他の疾患が原因となっていることもあります。呼吸器症状がみられた場合は早めに受診することをおすすめします。症状のコントロールを行うことにより、呼吸状態が改善されていくように治療を進めていきます。

  • 犬の主な呼吸器疾患

    短頭種気道症候群
    軟口蓋過長症
    ケンネルコフ
    気管虚脱・気管支虚脱
    慢性気管支炎

  • 猫の主な呼吸器疾患

    軟口蓋過長症
    猫喘息

診療の対象となる症状Medical treatment

こんな症状がある場合はご相談ください

  • 咳が2~3週間以上続いて止まらない
  • ヒューヒューゼイゼイする音が聴こえる
  • 動くとすぐ疲れている様子がある
  • くしゃみや鼻水などの症状がある
  • ハーハーと苦しそうにみえ、うなだれたりする
  • いびきの音が大きい・寝ているときに無呼吸症状がでる
  • 水を飲んだあとにむせる
  • 寝ていても、むせたり、咳をして起きる回数が多い
  • 寝ている時に横に向くと咳をする
  • お散歩中、咳や短などの症状がでている
  • 季節や時期によって咳がでているようにみえる
  • 家の中では咳をしないが、環境が変わると苦しそうな咳をする
  • 舌の色が薄紫色になり(チアノーゼ)や、たおれたりすることがある

検査が必要となります

咳をする、呼吸が荒くゼエゼエする、などが主な症状です。肺や気管の病気なのか、心臓からくる咳なのか、など治療方法は変わってきなす。その区別をするために、レントゲン検査や超音波検査をはじめとする全身の検査が必要になります。また、救急疾患の場合は酸素吸入による処置が必要となり、検査は呼吸が落ち着いてから行います。

検査についてはこちら

呼吸器疾患の治療Treatment

呼吸器の治療は症状や状態・原因により内科・外科と治療がわかれます。
泌尿器疾患の病気によっては注射や内服薬のみでは治療が難しく、手術が必要となる場合があります。

また。高度な治療や検査が必要な症例の場合は、大学病院や専門施設を紹介させていただきます。その後の結果をもとに、 今後の治療方針を医療機関と連携を行いながら、アフターフォローをしていきます。

短頭種気道症候群

短頭種の犬種に多い症状です。鼻から気管にかけての気道の構造が狭くなりやすく、興奮した時に呼吸がしにくくなり、呼吸困難や喘鳴などのさまざまな症状がみられます。また、異常ないびきの症状などもあります。このような短頭種に多く発生する呼吸器の症状を「短頭種気道症候群」と呼びます。

外鼻孔狭窄 短頭種気道症候群

フレンチブルドッグ・パグ・ペキニーズ・ボストンテリアなどの短頭種に多い外鼻孔狭窄(がいびこうきょうさく)は、鼻の穴が狭いため、空気の通りが悪くなり、散歩や気温の上昇でも、すぐに呼吸が苦しくなります。興奮や運動などで吸数が増えると強い陰圧によって喉や気道に炎症をきたし、粘膜が腫れて気道が狭くなり、さらに呼吸がしにくくなります。命にかかわる場合もありますので早い段階での手術おすすめしています。ご心配の方はご相談ください。

軟口蓋過長 短頭種気道症候群

フレンチブルドッグ・パグ・ペキニーズ・ボストンテリアなどの短頭種に多い軟口蓋過長(なんこうがいかちょう)は、軟口蓋が長くなり過ぎてしまい、気管の入り口である喉頭をふさいでしまい、呼吸がしにくくなります。特に寝ているときなどには異常な「いびき」の音がします。過長した軟口蓋を切除することにより、呼吸がしやすくなります。また、気管が細くなる二次的疾患の発生や症状の軽減つながるため、早い段階での手術おすすめしています。ご心配な方はご相談ください。

短頭種気道症候群の治療

生活の中での症状により、治療法は違います。
症状の緩和や進行を遅らせる方法の一つに内服などによるコントロールをしていく場合と呼吸困難などにより、命にかかわる場合は外科処置を行います。内科治療では一時的な治療となるので、できるだけ症状の軽いうちにご相談ください。

呼吸器疾患の外科処置

  1. 口蓋切除術
  2. 外鼻孔形成術
  3. 喉頭小囊切除
  4. 扁桃切除

CONTACT

ご予約・お問い合わせ

03-5731-3322

  • 【4/1~9/30】10:00〜13:00 / 16:00〜19:30
  • 【10/1~3/31】10:00〜13:00 / 16:00〜19:30
  • 【休診日】水曜日(土・日・祝日は平常通り受付しております。)

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷5-29-8 アクセス

03-5731-3322

  • 診療対象動物:犬、猫、うさぎ、ハムスター
  • 診療科目:⼼臓循環器、腎・泌尿器、腫瘍、内分泌、⽪膚、耳、歯、消化器、神経、眼、各種疾患
4/1~9/30
診療時間
10:00-13:00 ×
16:00-19:30 ×

【受付時間】午前 10:00~12:30 午後 16:00~19:00
受付時間は診療終了時間の30分前までとなります。
診療終了時間の30分前にご来院ください。
【休診日】水曜日(土・日・祝日は平常通り受付しております。)

10/1~3/31
診療時間
10:00-13:00 ×
16:00-19:00 ×

【受付時間】午前 10:00~12:30 午後 16:00~18:30
受付時間は診療終了時間の30分前までとなります。
診療終了時間の30分前にご来院ください。
【休診日】水曜日(土・日・祝日は平常通り受付しております。)

各種保険

当院の駐車場のご案内
当院の駐車場は2台ございます。
※近隣の方のご迷惑となりますので、環七通り沿いの路上駐車はご遠慮ください。
※当院駐車場または近隣のコインパーキングのご利用をお願いいたします。

ご利用にあたって
駐車場をご利用中の事故、盗難等については責任を負いかねます。
ペットの排泄物は飼い主の方が処理ください。
病院前でペットをおろしたい方はスタッフまでお申し付けください、お車まで受け取りに伺います。
※近隣の方のご迷惑となりますので、環七通り沿いの路上駐車はご遠慮ください。
※当院駐車場または近隣のコインパーキングのご利用をお願いいたします。